コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

Home > 学校 > コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーション能力向上、スクールなら日本コミュニケーショントレーナー協会

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

人間関係を円滑に勧めるために必要となるのがコミュニケーション能力で、仕事・プライベートを問わずにあらゆるシーンで必要となります。コミュニケーションに問題があると、相手とよい関係を築くことができません。究極のコミュニケーション能力とは、相手を尊重して不愉快な気持ちにさせないことです。自分が発する言葉によって、相手がどのように感じるのか認識することが重要になります。言いたいことはハッキリと言うことを信条とする人がいますが、深く考えずに何でも発してしまう人は問題ありです。言いたいことは言うという人ほど、本当に大切な場面で発言できなくなるケースは少なくありません。円滑なコミュニケーションのためには、ときに言いにくいことも発言する必要が出てきます。当たり障りのない発言を繰り返している人は敵を作りにくいですが、親友を作ることも難しいと考えてください。コミュニケーション能力で大切なのは、自分という個性を確立することにあります。そのためには自分の考えを持つこと、そして発言することが重要です。個性を磨くために今話題のメイクやファッションで自分を飾るという人は多いですが、それよりも大切なのは自分のキャラを確立することです。コミュニケーション能力が低くて悩んでいる人は多いですが、最初からコミュニケーション能力が高いという人はほとんどいません。後天的な要素によって確立される部分が大きいので、練習次第でいくらでも上達していきます。ひとつ言えることは積極的に人と会話を繰り返し、失敗を繰り返さないと磨かれていかないことです。うまくコミュニケーションを取れずに悩むことはあるでしょうが、成功への過程だと割り切ってください。コミュニケーション能力とは、人の機嫌を取るための能力ではありません。協調性を図ることは大切ですが、ときに相手にとって耳の痛いことも発言する必要性が出てくるでしょう。しかし相手を尊重する気持ちを持っていれば、相手は話を聞いてくれるはずです。

注目キーワード

カウンセリング
臨床心理学にもとづくカウンセリング(counseling)とは、専門教育を受けたカウンセラーが、クライエント(依頼者)とのコミュニケーションを通してクライエントの心理的変容を促す過程をいう。 クライエントの日常...
カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031