ボックキッチンカー

Home > 乗り物 > ボックキッチンカー

移動販売車の製作|大阪のボックキッチンカー

自動車の関連情報

自動車(じどうしゃ、英: car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

移動販売車やキッチンカーを大阪の堺市で作っています、新車や中古車にオリジナルハーフシェルとオリジナルFRPトップを乗せて内装、外装、設備、保健所、陸運局の対応と、オールインワンで承ります。食品やスイーツなど、移動販売車で起業や副業をされたい方はご相談ください。

色々なイベント会場や催事会場に出かけてみると、キッチンカーで飲食物を提供している様子を目にすることがあるでしょう。中には、こうして提供される飲食物が楽しみで、催事会場やイベント会場に出かける方もいると言われるほどです。このような場でよく目にするキッチンカーは一般に移動販売車とも呼ばれ、これを使ってビジネスをする場合には営業許可を取得しなければなりません。では、移動販売車の営業許可の取得を可能にするポイントには一体何があるのでしょうか。一つの重要なポイントは、営業車の運転席と調理場が完全に仕切られているということです。他にも、給水タンクや排水タンクがきちんと設置されており、なおかつその容量も十分であることが求められています。仮に容量が基準値に満たないような場合には、営業許可がもらえないことがあるため十分に注意したいものです。何といっても多くの人の口に入る飲食物を扱うため、当然のこととして清潔な状態が保たれているかどうかをチェックされることでしょう。食の問題が取り沙汰されることが多い現代においては、食の安全を確保するためには清潔さはまさに欠かすことのできないポイントになると私も思います。そのため、石鹸などの常備はもちろんのこと、シンクや調理器具の洗浄、また棚の清掃などをこまめに行なうことが必要です。もちろん一言で移動販売車の営業許可と言っても、そこでどんな商材を提供するかによって許可の種類も違ってくることを忘れないようにするのは大切です。その際注意が必要なのは、一台の営業車の中で複数のものを扱う場合でしょう。具体例を挙げてみますと、ケーキやパンを作って販売しながら、コーヒーや紅茶といった飲み物も販売したいと思う場合、菓子製造業の許可と喫茶店営業の許可の両方が必要になります。さらには、車内で調理して販売するか、別の場所で調理したものを営業車で販売するかによっても申請すべき営業許可は違ってきます。