京生麩のお店 愛麩

Home > ライフ > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

京都では和菓子も有名になりますが、同様に漬物も有名になっています。京菓子と呼ばれる物もあれば、京漬物と呼ばれる物もあります。どちらも非常に人気になっていますが、年配の人に喜ばれるお土産を購入したいと考えている場合は、漬物を購入して渡すようにしましょう。基本的にはどこでも購入ができるので、あまり悩む必要はありませんが、なるべく大きく喜んでもらいたいと考えている場合は、京都の中でも有名な漬物屋さんに足を運びお土産を購入するようにしましょう。名産品と言う部分もあり、非常にたくさんの漬物屋さんがあるので、わざわざ移動をしなくても自分がいる地域で購入ができるのも魅力の1つになります。また漬物なので、それほど価格も高くなく、比較的安く購入ができるので、多くの人に人気になっていると言えるでしょう。注意をしなくてはならないのが持ち運びの部分になります。お土産を自分の手から渡したいと考える人は、自分で持ち運びをしますが、漬物と言う部分もあり多少においがします。そのため購入をしたら、宅急便で送るなどの工夫をした方が良いかもしれません。また自分で手渡しをしたいと考えている人の場合も、なるべく帰る日に購入をした方が良いと言えるでしょう。漬物なのですぐに悪くなってしまうと言う状況は考えにくいですが、あまりにも高温な場所に置いておくなどの場合は、それだけ早く食べられなくなってしまう可能性があります。漬物を購入する場合は、購入をする日やどうやって送るのかなどを考えた上で、行動する必要があると覚えておきましょう。ほとんどの人が購入した場所で送ってもらう傾向があります。どうしても自分で手渡しをしたいと考えている場合は、自宅に漬物を発送してもらい、自分が自宅に帰ったタイミングで届くようにしてもらいましょう。この行動をすると、ずっと持ち歩かなくても良いので、においを気にする必要もありませんし、さらに高温な場所も避けられるので早く食べられない状態になってしまう場合も少なくなります。

注目キーワード

日本料理 龍吟
日本料理アカデミー
(Japanese Culinary Academy、特定非営利活動法人日本料理アカデミー) 世界のシェフとの交流活動や、地域にねざした食育活動などを行うNPO法人。  2004年8月に日本料理の真の姿を国内・海外に発信すべく、京都...