アテネ・フランセ

Home > 学校 > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

学生時代にフランス語の初級を勉強したことがあったので、もっと語学力を身に付けたいと思っていました。しかし、就職してから時間が取れずに、勉強できずにいたのです。そのようなときに、東京にあるフランス語の学校を見つけました。とても興味を持ったので、すぐに学び始めることにしました。過去に習ったことがあることを学校のスタッフに相談してみると、中級から始められると言われました。しかし、もう一度基礎からやり直しをしたいと思っていたので、初級から始めてみたのです。学校の雰囲気はとても落ち着いた雰囲気だったので、勉強しやすかったです。また、クラスメイトはとても勉強熱心な人たちばかりでした。一生懸命勉強している人たちと一緒にいると、とてもモチベーションになりました。また、先生の教え方がとても良かったので、フランス語を学びやすかったです。難しいと感じたときには、すぐに先生に質問するようにしました。すると、先生が必ずわかりやすく教えてくれたので良かったです。フランス語の学校に行ったおかげで、再びフランス語を学び始めることができました。フランスに近々遊びに行く予定なので、そのときに習ったものを活かせると良いと思っています。

注目キーワード

フランス語憲章
(仏:Charte de la langue française、英:Charter of the French Language) 1977年、カナダのケベック州で定められた、州内の公用語をフランス語オンリーとする法律。
フランス語名
フランス語での名称。