mormor

Home > サービス業 > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

赤ちゃんと過ごす時間はとても大切な時間ですが、一人の時間も持ちたいと思うようになりました。後は、主人と私の実家が離れているので、なかなか私たち以外と接する機会を子供が持つ事ができないため、私たち以外の人にも慣れてほしいという気持ちから東京にあるモルモルというベビーシッターに依頼して、会員登録する事にしました。私は家事などを求めているわけではなく、とにかく子供が楽しく過ごしてくれる事を望んでいました。子供中心であるという事は、必然的に安全面に関しても安心できるからです。それらを兼ね備えているところでしたので、たくさんあるベビーシッターの会社の中から選ぶ時は迷う事なく選ぶ事ができした。はじめは、あまり一人の時間を楽しむ余裕がなく、玄関をあけた瞬間、どうやって過ごしていたのか早く顔をみて安心したいと思いましたが、笑顔で出迎えてくれた我が子をみて、ほっと一安心する事ができました。こちらの良いところは、しっかりと報告してくれるので、その点が良心的です。二回目からは自分の時間も満喫する事ができるようになりました。何より、子供がこちらのベビーシッターの方と一緒に過ごす事が楽しいらしいので、親としてはそれがとても嬉しいです。

注目キーワード

赤ちゃん返り
赤ちゃん泥棒
Raising Arizona/1987年 asin:B0007WZTRK:detail