フォトスタジオ モモ

Home > 娯楽 > フォトスタジオ モモ

ページが見つかりませんでした – フォトスタジオ モモ

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

昔から猫を飼っており、一緒に写真を撮りたいと思っていたのですが、一人暮らしの為、猫を抱えて自分で撮影するしか方法がありませんでした。しかし、猫は両手で持たないと暴れてしまうので、写真を上手く撮る事が出来ませんでした。 カメラを固定して自動撮影も試しましたが、これも上手くいきませんでした。 どうしても一緒に撮りたかったので、自分の住んでいる町田市つくし野でフォトスタジオを探しました。 するとペット写真を撮ってくる所がありました。凄く場所が近かったので、早速訪問しました。 これで念願の猫と一緒にペット写真が撮れると喜びました。 説明を聞くとペットだけでも可愛く撮る事も可能で、一緒に撮るのももちろん可能との事でした。 私は猫を抱っこしている写真を撮って欲しかったので、まずはそれで撮影をしてもらいました。 その後は猫だけの写真も撮影してもらいました。その後に出来上がりを見るととんでもない美人と可愛い猫が写真に写っていました。あまりの写真の綺麗さに驚きました。プロが撮るのと素人が撮るのとでこんなに雲泥の差があるとは夢にも思いませんでした。 その時の写真は今でも部屋に飾っており、友人にも好評です。友人もペットを飼っているので、今度は友人のペットを連れて行きたいです。

注目キーワード

証拠写真
証拠として扱われる写真。
銀塩写真
撮影にフィルムを用いる写真。 フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。 さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる......