Tonoホーム

Home > 娯楽 > Tonoホーム

ビーチハウスの家づくりなら茅ヶ崎のTonoホーム

海の家の関連情報

海の家(うみのいえ)とは、海沿いに建てられた施設や店舗。 企業従業員、官公庁職員、市民に対する保養のための厚生施設。 海水浴場で海水浴客の便宜を有料で提供する小屋。2.について、営業形態は主に2つある。海水浴シーズンと共に仮設小屋を建てて営業し一定期間後に撤去する形態と、建物を建設した後は季節により撤去せず、主に夏に営業して年間収益の多くをその時期に得るが、他の季節は、様々なイベントに貸し出したり、そのイベントに伴う食事の提供を行なうこともあり、また曜日や時間帯を限定してレストラン・食堂として営業する場合もある。 なお、海の家を「浜茶屋」(はまぢゃや)と呼称する地域は、山形県、新潟県、北陸三県、京都府、兵庫県(日本海側)など日本海沿岸地域、および、三重県である。 本項では、2.について解説する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

茅ヶ崎・湘南でビーチハウスの家づくりを行っています。自然のリズムに帰り、リラックスして、ありのままの自分に戻っていくような。。そんな力が海にはあります。現在は太陽の光と風が感じられる湘南・茅ヶ崎、今年はハワイ支店を開設する予定です。

昔から海の近くに家を建てるのが夢でした。特に茅ヶ崎は大好きな所だったので、茅ケ崎でビーチハウスを作る会社を探していました。いろんな会社に相談をしてみましたが、なかなか思うようなビーチハウスを作る会社に出会えなかったです。そんな時偶然TONOホームのことを知りました。施工例もホームページで見ましたが、自分の希望するビーチハウスを手掛けているので、この会社なら自分の夢を叶えてくれそうで、すぐにTONOホームに相談にいきました。TONOホームのスタッフの方は、とても親身になって話を聞いてくれ僕の夢の手助けをしてくれる約束をしてくれました。 TONOホームのスタッフさんと、納得がいくまで何度も打ち合わせをしました。資材サンプルも見せてもらいながら予算にあう資材を選びました。どうしても希望通りのビーチハウスを作るとなると妥協したくないので、予算もオーバーしがちになりましたが、スタッフさんが予算をオーバーしないように、バランスを取りながら図面を完成させてくれました。ビーチハウスの着工が始まってからも、スタッフさんにはいろいろ相談にのってもらったので本当に感謝しています。おかげで満足のいくビーチハウスが完成したので、家族みんな気に入っています。