ALFフランス語学校

Home > 学校 > ALFフランス語学校

ALFフランス語学校|東京都内で学ぶフランス語会話・文法の教室

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都内でフランス語会話・文法を学ぶなら、ALFフランス語学校。都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分、JR京浜東北線・山手線 浜松町駅から徒歩4分。一人ひとりのニーズに合わせたレッスン形式でフランス語がしっかりと身に付きます。

いつか実際にパリに行ってみたい、という念願がついに叶いまして、去年一週間ほどの旅行に行って来ました。 あんなに憧れだったパリの地、とっても楽しい旅行になると思いきや、実際はかなり不完全燃焼の旅だったのです。 どうせ英語が通じるだろう、と思い甘く見ていましたが、小さなお店ではフランス語しか通じなかったのです。思い通りのお土産が買えなかったり、フランス語メニューしか無くて困ったり、素敵なパン屋さんを見つけても怖気づいて結局入れなかったり、残念な体験がたくさんありました。 帰りの飛行機の中で、「フランス語を話せるようになってから、もう一度パリに行きたい」という思いが強くなり、帰国してからすぐに学校をインターネットで調べて見つけたのが、ALFでした。 グループレッスンとプライベートレッスンがあるということで、どちらが自分に合っているのか悩みましたが、学校の方がすぐに相談に乗って下さり、旅行で使う会話を中心に勉強するプライベートコースを勧めてもらいました。 無料体験レッスンは、とても楽しくてあっという間に時間が過ぎていきました。「このフレーズを知っていたら、もっと旅行が楽しめたのに」と何度も思う、実用的で充実した内容でした。 そしてなによりもネイティブの先生が、自分のレベルに合わせて話してくれるので、”聞き取れる”という自信が持てました。なにしろ旅行中は頭の中がパニックでしたので。落ち着いて一文一文会話が出来るのは、プライベートレッスンならではの良さです。 好きな時間に授業を予約できるシステムも素晴らしいです。ALFで無理がないペースで勉強を続けて、来年こそは充実したパリ旅行に行って来たいと思います。

注目キーワード

フランス語会話
*NHKテレビフランス語会話 1959年10月6日、「たのしいフランス語」として放送開始。1976年4月、「フランス語講座」に改称、1990年4月より現在の「フランス語会話」となる。 -主な講師 朝倉季雄 石井晴一 大木...
フランス語検定
→実用フランス語技能検定試験