株式会社三晃商会

Home > 乗り物 > 株式会社三晃商会

中古クレーン買取と販売【三晃商会】重機や建機のことなら

建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

中古クレーンの買取販売は三晃商会にお任せください。。重機販売輸出や建設機械輸出、中古建設機械の販売・買取を行っております。

 私が中古クレーンの買取サービスを利用したのは、会社の事業方針の転向により使わなくなったクレーン車があり、大きな物なので場所をとり、メンテナンスなどの維持費用もかかりそのまま置いておくわけにもいかずどうにかならないかと考えていたところ、クレーンなどを専門に買取をする業者がありすぐに利用することにしました。  買取サービスを利用した時にとても便利だったと感じたサービスは、具体的な査定に入る前に概算の見積もり金額が分かる事前の無料査定のサービスがあったことです。今回はWEBでの見積もりサービスを利用しましたが、簡単な登録と入力しやすく分かりやすい画面に数字を入れるだけで専門家による査定を受けることができとても便利でした。  その後の出張査定のサービスもとても便利で、事前にいろんな業者のサービスを調べましたが、中には自分でクレーンを持ち込んだ場合のみ査定が可能と言う業者もあり、小さな会社にとっては持ち込み作業だけでも貴重な人員が必要となり業務に支障が出て大きな痛手になりますが、そのような心配も無く安心して利用することができました。また、買取の契約が成立した時もクレーンの引換と同時にその場で現金を得ることができるサービスもとてもよく、中古クレーンの買取サービスを利用して本当によかったです。

注目キーワード

建設機械施工技士
日本の建設関連の国家資格の1つ。日本建設機械化協会が試験を実施している。1級と2級がある。
小型車両系建設機械運転技能者
機体重量3トン未満の小型車両系建設機械を運転することが出来る資格のこと。 →車両系建設機械運転技能者