HYPER VOICE

Home > 学校 > HYPER VOICE

HYPER VOICE

声優の関連情報

声優(せいゆう)とは、映像作品や音声作品に、声の出演をする職業。広くはナレーターも含めることがある。英語では一般的に男性を voice actor、女性を voice actress といい、日本語でもボイスアクターという場合がある。 アニメーション作品ではしばしばキャラクターボイス (character voice)、略してCVというが、これは和製英語である。1980年代後半にアニメ雑誌『アニメック』で副編集長だった井上伸一郎が提唱した用語で、その後、井上が角川書店で創刊した『月刊ニュータイプ』でも用いられている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

僕は幼稚園の頃から歌が上手だと褒められて育ってきました。中学校や高校に通っている頃も歌を褒められることもあり、音楽の成績はいつも優秀でした。そして高校2年生の夏に、友人から一緒にバンドを組まないかと誘われたのです。僕はバンドのボーカルということで、歌に自信のあった僕はすぐに承諾しました。 学校が終わった後の放課後の時間を使って、毎日バンドの練習に明け暮れ、高校で行われた文化祭では、バンドのライブも行われ、それはとても楽しいものでした。徐々に女子のファンも増え、高校卒業するころには、本気でプロのアーティストを目指したいと思っていました。 大学に通いながら、様々なオーディションに応募しますが、ことごとく不合格ばかりを受けました。何がいけないのだろうと考えた時に、やはりプロになるためには、プロの練習が必要だと考えたのです。今までだれに習うこともなく、ただ歌が上手だと言われたからということだけで歌ってきましたが、歌の基礎なども何一つ知らなかったのです。 そこでぼくは声優の学校でレッスンを受けることを決めました。レッスン料は1回約5000円ほどで、大学生の僕にとっては、決して安い値段ではありませんでしたが、月に2回のペースでレッスンを受けています。これからプロになるという夢に向かって、基礎から学び直していきたいと思います。

注目キーワード

声優
-声の演技専門の俳優。 -外見や身振りに頼らない声のみの演技力が求められるため、普通の演技とは異なった技量を要求される。 -原点は、戦前のラジオドラマであり、新劇俳優が多く手がけたほか、NHKや民放の放送劇...
それが声優!
原作・あさのますみ(浅野真澄)、作画:畑健二郎による漫画。 新人声優3人によるユニット・イヤホンズを主役に据え、業界の舞台裏や日常を描く声優あるある4コマ漫画。 2011年末のコミックマーケット81で同人誌とし...